2013年4月24日水曜日

Managing your Mind and Body through Yin-Yang and Wu Xing ~Part I ~



This is an abstract article of a Lecture from Master Yoshitomo Shibui, held April 2013.


Brief History of Eastern Medicine

The structure of Eastern Medicine is being said to have put together in 400BC China. Now known as Kampo, more than 120 types of plants and substance from animals were used as herbal medicine for health purposes. Kampo is often classified into 3 categories, the "High Medicine", "Middle Medicine" and "Low Medicine".
  • "High Medicine" is used to sustain your body in healthy form or make it stronger, often known as something that could be taken as everyday meal.
  • "Middle Medicine" is taken a small amount or for a short time period to be effective, regareded as poison if taken too long.
  • "Low Medicine" is something that will give immediate effect but should be handled with care. Regarded as poison. 
Herbal Medicine was introduced by the Koreans to Japan around the 3rd or 4th century and was made into a Japanese original form in the 16th century. Japan in known to have rich knowledge in baking and boiling herbal medicine to give its maximum effect, which most of the technique was developed in the Edo period. Japan imported and shifted to Western Medicine towards the Meiji era and no improvement has been made since.



The Eastern Concept of Yin-Yang

The typical way of thinking and perception of eastern culture is often described as the "balance" theory of Yin-Yang. Western culture will look at beings analytically and systematically and segment situations and substances to understand them, whereas the Yin-Yang will see them as two opposite things blending and balancing each other.

The I_Ching is based on the Ying-Yang concept,  different from Wu Xing. However the basic idea of "balance" is flowing in both traditions. Most of you should be familiar with this symbol.

Death will be the Ying, life with be Yang, (Animals are said to not understand death, thus have no fear of dead like us humans). There is no good or bad, both are coexisting. By coming together, separating, sometimes giving out friction, this whole movement itself is the balance of the universe.

It is said in the Ying-Yang that if you go the one side to the extreme, you will end up getting results of the other side. For example, when you are getting too much good results, there is a big change for to your fall flat on your face, just to keep balance of it. Often see people get a rebound weight gain after a severe diet, this is another example of getting the opposite result as an extreme. The "Doctrine of the Mean" is the term used to know and live with the balance of Yin and Yang.

When you start looking at the world with this perception, things will start to make sense. For example, it is impossible to have only small group of people or a single company to gain money in the same industry. Or even impossible to have every and each people happy in the world. It is the balance of the universe.

Our body is full of Ying Yang. We have a lot of organs that are in pairs or bilaterally symmetric  like eyes, arms and legs, lungs and kidneys, blood vessels: artery and vein etc. Muscles can only be used when there's tension on one side and relaxing on the other. It is easier to relax your muscle to make big movements.

More examples of Ying and Yand are Women and Men, Moon and Sun, Stillness and Activeness, Shadow and Light, Night and Noon, Winter and Summer...

Now, it is said that Japanese men are getting weaker and losing hormones, but if you watch carefully there is a balance --- we find women getting stronger!

The "Doctrine of the Mean" however is not about keeping equilibrium, it is to enjoy the balance in any form, because a mixture of Ying and Yang is special and colorful in any way. For instance, if we do not have winter, we will never be able to enjoy the coming of spring, or the sensation of blooming. However by studying this universal low, you will be able to adjust a situation by fixing the situation into another balance.

Our intuition is always capable of sensing what balance will be best for ourselves in situations. If you are in a too Yang state, you will naturally crave for Yin type food. Most Japanese like having Ramen after drinking alcohol, because alcohol is Yin energy. You crave for Ramen because your body needs salt (Yang energy).


More on Wu Xing in Part II!


(translation done by Mika Kojima  forgive me for any broken English you find...)

2013年4月22日月曜日

【コラム】 陰陽五行で精神と肉体のバランスを手に入れる (前編)



※ こちらの内容は、4月に実施いたしました 渋井先生による陰陽五行のセミナー講義から一部をご紹介するものです。



◆ 東洋医学:発展の歴史 ◆ 

諸説ありますが、紀元前400年ころの中国で様々な知恵が体系化されたと言われています。

現在は漢方といわれる120種類くらいの植物や動物の成分(生薬)を摂取することが主流で、漢方の生薬には「上薬(上品)」「中薬(中品)」「下薬(下品)」の3つのタイプがあります。

  • 「上薬」というのは、毎日摂取して体質を強化するなどの効果があるもので、日々の食生活の延長として位置づけられるもの。
  • 「中薬」は少量か短期間なら毒性がなく、穏やかな作用であるもの。しかし長期間の摂取は毒になります。
  • そして「下薬」は病気を治す作用は強いものの、摂取量や期間に十分配慮する必要があるもの。端的にいうと「毒」であり、毒をもって毒を制すというコンセプトに近いものです


日本には3~4世紀に韓国から紹介され、16世紀くらいに日本独自の体系化がなされたといわれています。しかし、その後医療は西洋のものが取り入れられたことから、この領域の研究は江戸時代で止まっています。日本では生薬は煮たり焼いたりする技術がとても高いとされていますが、全ては江戸時代に開発されたものなのです。



◆ 東洋的な思想:陰陽論 ◆ 

東洋と西洋との比較をする際、最も注目されるのは物事を見るときの観点です。東洋は、一物二極性のコンセプトで、物事は対となる二つの概念によって存在するという考え方ですが、西洋はどちらかというと一物一極性で物質を細分化して捉える傾向があります。

また陰陽から易経という学問が生まれるわけですが、これと五行とはまた異なる考え方です。しかし、陰陽論でも五行でも、その中には「バランス」という概念があります。必ず対極があるという考え方… 対極同士で常に世の中はバランスしている。陰陽魚のシンボルでお馴染みの概念です。

例えば、死という概念は動物にはわからないと言われてます。ゆえに、動物には死という恐怖は存在しないことになるのですが、この死の対極にあるのが生です。これは、どちらが悪いというものではなく、両方が同時に存在することによって物事が成立するもの。そして、くっついたり離れたり、均衡したりを繰り返すことによって、宇宙の動きと連動してるわけです。

陰陽道では、物事が極まりすぎると逆の極みにたどり着くと言われ、例えば成功の頂点に達すると、バランスをとるために転落がある…或いは、もっとわかりやすく言うと、ダイエットをしすぎた女性が急に太り出すなど、何かをやりすぎると反対のことが起こります。したがってバランスを巧く保つことがテーマとなり、これを「中庸の極意」と呼びます。

この陰陽論的な観点に立つと、世の中の様々な動きにある程度説明がついてくる。例えば、世の中で特定の人々だけが儲けているという状況は存在しません。また、一方で世の中の人たち全員が幸せになるということもない訳です。

最も陰陽の対で説明するとわかりやすいのが肉体です。肉体で2つあるもの(例えば、目、腕や足、肺、腎臓など)は対でバランスを取っています。血液も動脈と静脈がある。筋肉を動かす時には、必ず、表の筋肉には力が入っていて、裏ではリラックスしています。うまく体が動かない時には、力を入れるよりも対になる部分をリラックスさせたほうが動のエネルギーを高めることが可能なのです。

陰と陽のバランスで世の中を見ていくと 男性(陽)&女性(陰)、太陽(陽)&月(陰)、動(陽)&静(陰)、光(陽)&闇(陰)、昼(陽)&夜(陰)、夏(陽)&冬(陰)が代表的なものです。例えば、最近 草食男子が増えてきているといますが、こういった世の中の減少もバランスなのです。対極ではきちんとバランスがとれた事象が起こっています… 強い女性たちの増加です。

しかし、常にバランスが取れていることが良いというものではありません。陽に振れる、陰に振れるというのは個性であり、それを楽しむことが重要です。冬があるから夏がある。その両方が常にあるから四季が生まれる。陰と陽がくっつたり離れたり均衡したりという動作があることのほうが健全なわけです。

そして本能に従うと、きちんとバランスをとる方向へと私たちの欲求は動いていきます。お酒を飲みすぎた時に皆さんはラーメンを食べたいと思いますね?その理由は麺が欲しいのではなく、塩が欲しいのです。お酒の陰のエネルギーを塩の陽のエネルギーで補いたい。だから、ラーメンの代わりにお味噌汁をとっても実は肉体は満足なのですね。このように、自分自身でちょっとした工夫をすることでいらぬ陰陽に触れることをコントロールすることは可能になります。


後編は五行について

【コラム】マインドフルネスは若者の脳力を開花させるのか?


Mindfulness meditation: boosting young people's brain power?

この記事は、Mindfulness meditation: boosting young people's brain power? の内容を抜粋し日本語で紹介しているものです。原文は <こちら> を参照ください



マインドフルネス瞑想:これは若者の脳力を開花させるのか? 
(クローディン・ライアン)
~意識を集中させることによるメリットは大人だけにあるものではなく、若者にも効果的なテクニックである~



Mindfulness meditation: boosting young people's brain power? by Claudine Ryan
It's not only adults who can benefit from focusing their attention, research suggests mindfulness and meditation are also useful tools for young people.

ストレスを軽減する、集中力を増加させる、そして人生におけるチャレンジにより楽に向き合える…そんな効果が期待され瞑想という手法が注目されています。しかし、この内なる穏やかさに魅せられるのは大人だけではありません。若者も、クラスルームで瞑想をしているのです。

現在、学校や大学などで取り入れられている瞑想は、ただありのままの「現在」にフォーカスを当て、評価判断といった尺度を手放すもので、通常は呼吸および肉体感覚に意識を向けることによって実践します。いわば脳のエクササイズです。

しかし、シャワーを浴びたり皿洗いをするだけでも、日常的に感じるものから自分を切り離すことは可能なのです。
Feeling less stressed, having better concentration and a greater resilience to life's challenges are some of the commonly-cited reasons for trying meditation.
.....(略)..... But you can also do less formal mindfulness exercises that involve focusing on sensations you feel during daily activities like having a shower or washing the dishes.

マインドフルネスを基本手法として学生などの若者をカウンセリングするリチャード博士は、その効果を認めています。「マインドフルネスと成果、マインドフルネスとリーダーショップに関連した研究はかなり盛んに行われています」と博士は言います。大学における彼のリサーチのよると、「マインドフルネスを実行する学生は、ストレスが軽減されて集中力が増すだけでなく、記憶力が増して学びの効果にも影響する」ようなのです。実際、記憶力の向上が見られ、試験の結果も良くなったと言います。米国における研究では似たような結果が見られ、信憑性が増してきています。

Dr Richard Chambers is a clinical psychologist who uses mindfulness-based techniques in his work with young people, including undergraduate university students. He says research shows these techniques can really benefit students and young people .....(略)..... Chambers' claims are backed by a recent US study that found links between mindfulness training and better working memory and improved test scores in undergraduate students.



マインドフルネスとメンタルヘルス

リチャード博士は、年齢に関係なく定期的な瞑想をすることで脳は再活性するとしています。瞑想を行ううちに、過去の記憶を何度も再生したり、未来を不安がる習慣から私たちは解放されるのです。さらに、実際に脳の機能にも変化をもたらすという研究結果も出ています。

「それ(瞑想)は、脳に対して必要なことにしっかりとフォーカスを当てる助けをしてくれます。それは、この瞬間に意識を向け、ダイレクトな経験を大切に生きること。これを繰り返していると、実際にストレスがなくなり、不安や憂鬱から抜けだすことが可能となります」

人間は15歳から24歳の間にメンタルな疾患を発病するケースが多いことから、この時期に瞑想しておくことの重要性も指摘されています。

「近年、精神病は感情コントロールの不全であるとされる解釈が主流となってきていますが、瞑想はこの瞬間にフォーカスし、過去の出来事や未来の不安にさいなまれる状態から自分を引き離してくれることから、その導入の必要性に着目されるようになってきました」
Mindfulness and mental health

Chambers says regular meditation or mindfulness practice – at any age – can help us to retrain our brains, which leads to changes that last long after we do the mental exercises......(略)..... More and more, mental illness is being seen as difficulties with emotion regulation. A meditation which helps people to be present – rather than caught up in stories about the past or future or caught up in worries ... – it's going to help people regulate their emotions better and that's going to help people with mental illness, such as anxiety and depression," he says.

注意を払うという特性を大人は失う

十代の若者に静かに座らせて呼吸や肉体感覚にフォーカスを当てさせることは、猫に言うことを聞かせるくらい難しと思うかもしれませんが、博士は若い時期にこそ持つ脳力であると言います。

「子供たちは、若い時に世界に対する好奇心でいっぱいになります。葉っぱを観察してその模様に何時間も魅せられるなど、小さな出来事に意識を向けることができるのです」 彼の説によると、年齢を重ねるに従って何かにのめる込むことが出来なくなり集中できなくなります。「私たちは学校に行き、テレビを見て全ての物事にラベルを貼ることを覚えてしまう」

'Unlearning' to pay attention
Getting teenagers and young people to sit quietly and focus on their breathing or other physical sensations might sound as simple as herding cats, but Chambers says this is an ability most of us have naturally at an early age. .....(略)..... We go to school. We start watching a lot of TV and we get caught up in labelling and judging things and we get caught up in our thoughts and our brain."


マインドフルネスを思い出す

しかし、十代の若者に床にあぐらをかいて座らせる…というだけでは意味がありません。博士は、親が自ら瞑想を行い、その習慣を子供たちと共有することが重要であると指摘しています。そして、同時に静か座るという方法での瞑想は子供には適さないことも認めています。その場合には、一緒に散歩をするとか、石を渡してどのような感じがするのかを説明してもらったりなど、異なる方法で瞑想を促すことが重要です。その他のアクティビティには以下ようなものがあります:
  • 触ること: 松ぼっくりを触ったり、すべすべした石を触ってみる
  • 香ること: 食べ物や植物でそれを味わう
  • 聞くこと: 音楽や、雨、海の音を聞く
  • 味わうこと:おやつや食事の味を味わうこと
  • 見ること: 芸術を堪能する、夕日を眺める、小さなものをじっと見つめるなど
五感を使うこと。
いつ、どのような状況においても、マインドフルネスは実践できるのです。


Reintroducing mindfulness
But getting your child or teenager to meditate involves more than commanding them to sit cross-legged on the floor. Chambers says it's best if parents start making meditation part of their own lives and then try to encourage their children to join them......(略)..... "Any time you are engaging with any of the five senses directly ... you are practicing mindfulness and being present."


訳: 小島美佳



関連するセミナーを行っております。ご興味のある方は是非いらしてください。
詳細は、<こちら>

2013年4月21日日曜日

Ashigawa ~ A small village near Mt.Fuji ~ The element "WATER"

The Five Elements "WATER" Workshop
       May 11th 13:00 ~ 12th 12:00



Come alone, come with your family, you will have fun and be released, find something new. This workshop will give you an opportunity to connect to the water element. See what we did last time, the element "SPACE" 


11th Saturday, afternoon
- Rice planting, experience the mud 
- Explore where the water is coming from ~ Ashigawa River
- Visiting the Spring Pond

11th Saturday, Night
- Numerology and the Universe


12th Sunday, Morning
- Route back your past and and see the flow of your future 


21,000yen 

Includes workshop, accommodation, dinner and breakfast (we will cook together) 

Contact info@balancedgrowth.co.jp for more details








we have three more workshops to follow;

The EARTH  6/29 (土)13:00 - 30 (日)12:00
The WIND  8/3(土)13:00 - 4 (日)12:00
The FIRE 10/26(土)13:00 - 27 (日)12:00


Ashigawa ~ A small village near Mt.Fuji ~ The element "SPACE"




The Five Elements "SPACE" Workshop
       April 13th 13:00 ~ 14th 12:00

"Talking to the Woods;feeling the breath of spring coming and the SPACE"

A two day workshop at a small village near Mt. Fuji, with Wataru Futako, a Japanese life coach who has spend time and learned from the Apache American Indians. 

Next workshop will be May 11th ~12th; you will have a chance to connect to the "WATER" element.

Register here:


Some pictures of our last workshop



two books;
stories of 
the Apache Grandfather






Ashigawa was still cold, not too many leaves.
Nice sun shine!



Wataru, telling us about the Indians



So, everyone starts to walk very quietly...
Mediating. (This method is called "Fox Walking")



A very special way of becoming "nothing" in the woods.
Wataru is there right in front of us, but no one was 
able to find him! 


Dinner time!
Red and black rice from our special girl, 
Kaori from here rice field



Cherry Blossoms!


An old Japanese Style home,
very special type of Architecture
(We will visit here every time. 
Tea and rice cakes the 2nd day!)



always nice by the fireside...



Cute grandmother, owner of the house
and our goddess Kaori :)









2013年4月16日火曜日

【宿泊イベント】 「空」「水」「土」「風」「火」の5大元素のバランスを整え本来の自分につながる


今年も 芦川村で 美しい自然に囲まれながら行うワークショップが人気です☆
ご家族での参加なども 特典付きで 募集しておりますので、是非この機会にお越しください。

前回 4月の「空」の様子は <こちら> からご確認いただけます


☆ 【水】 The Water Element:
        5/11(土)13:00~12 (日)12:00 「田植えと湧水」



【11日 午後】農業体験:田植え、芦川散歩、わき水体験 
【11日 夜】数秘術〜自分のテーマを知る 
【12日 朝】人生の流れをたどる(人生曲線と未来ストーリー)

その第2回は、ファシリテータとして、芦川で農業体験の指導をしつつ、猟師としても活動をしている中田靖彦さんをお招きし、「水:The Water Element 〜田植えと湧水」というテーマで、田植えを体験すると共に初夏の芦川の水をいただきます。

※各回毎にお申し込みを受け付けていますが、全日程にご参加いただくと、ご自身の気づきや変化がより大きくなります


【価格】
21,000円 芦川村での体験ワークショップ代、宿泊費及び夕食・朝食(自炊)材料費が含まれます。交通費は各自でご負担下さい。座学・ワークショップに参加されないご家族の方は10000円/1泊2日(税込み)(ただし、小学生未満は無料。小学生〜高校生6,000円)

【詳細】
こちらをご覧ください。お申込みもこちらでお願いします


【講師:中田靖彦からのひとこと】
今年で芦川町に住み始めて5年目になります。3年半芦川町での地域間交流事業(てんころりん村)のスタッフに参加した後、現在は芦川グリーンロッジの管理人をしています。芦川では、田んぼや畑の管理、体験イベントの主催等を行ってきました。趣味で狩猟もしています。この地域を感じ取ってもらうために、よい形でここに来てもらえるきっかけを作れたらと思っています。
(ブログ: YASU 「いのししと、まぁるい輪っか」http://nakty27.blog.fc2.com



昨年の田植えの様子です:







本来の自分につながる 「空」 The Space ~ご報告~



☆ 【空】 The Space: 
       4/13(土)13:00 ~14(日)12:00

「森との対話を始める〜春先の美しい森の中で自分を解放する」

ネイティブアメリカンの生きる術を学ばれた 二子さんをお招きしたワークショップ を開催しました。森の中でのかくれんぼなど、ちょっとテンションがあがる内容もあり…

素敵な2日間でした☆
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


次回は 「水」です。田植えと源流歩き… そしてなんと 数秘術!
詳細は <こちら> から


写真のご紹介です:



二子さん ご紹介の本






まだ寒い森の中… 
葉が無いので明るいのです



インディアンについて
レクチャーする二子さん



インディアン的 歩き方
フォックスウォークを練習する人々…



ハイレベルかくれんぼ。
この中のどこかに 二子さんが
隠れています…見つからず (>_<)



芦川村でとれた
お米でカレー



まだ桜が綺麗でした…



古民家へGO!



囲炉裏チームは 火に夢中…



薫ちゃんとおばあちゃん。かわいいです☆











2013年4月10日水曜日

【イベント】 『数秘術入門』 ~ セルフマネジメント編: 幸せになる命の運び方~





セルフマネジメントにはたくさんの手法がありますが、その中の大きな1つが「自分自身がどのような存在であるかを理解し、自分の人生の本当の意味を発見する」ことです。今回は、その手法としての数秘術をご紹介するとともに、自分自身の探求を行っていきます。

【数秘術とは?】
今回ご紹介する「数秘術」は、西洋の「カバラ」「仏教数学」がかつて日本に伝わっ たのち、真言密教で「数秘術」として伝えられてきたものが元になっています。

【アジェンダ】
「数秘術」を活用して、まず自分自身がどのような存在であるかを探求していきます

ただし、抽象的に自分探しをするだけでは駄目で、必ず取り組むべき具体的現実に応用して初めて自分を見えてきます。
本セミナーでは具体的現実への応用を意識しながら(経験学習=アクションラーニング)進めていきます。

1)アクションラーニングと数秘術
2)「数魂」「言霊」による宿命診断~あなたの祖数とその意味
3)宿命をよりよく運ぶために現実の環境をどう活かすか(運命)
   +頂点数と試練数~人生の4ステージと過ごし方のポイント
   +色魂と色魔法陣


**************************************************
日時:4月21日(日) 13:30 ~ 16:30

参加費: 5000円(※テキスト代3000円含む。税込み) 当日会場にて現金でお支払い下さい。
  ※既にテキストをお持ちの方は2000円となります。

イベント会場:東京都(東銀座)
     昭和通り沿い、銀座一局郵便局から京橋方面へ50メートル。
     1Fに紳士服のお店(VESTA)があるビルです 地図

お申込み方法:
タイトルに 「数秘術セミナー 」 と書いていただきまして、お名前 (漢字、ふりがな)を info@balancedgrowth.co.jp までお送り下さい


【講師】


松田 理空
経営コンサルティング、企業研修講師を行なう一方、臨済宗僧侶「理空」として数秘術、や各種心理療法を用いたカウンセリングや自然を活用した修行体験を提供し、個人の覚醒をサポートしている








2013年4月2日火曜日

【スクール】「マインドフルネス」がリーダーを育てる ~ 感情や思考を瞑想によってコントロールする方法 ~



好評のマインドフルネス関連セミナーのご案内です。
最新の日程は、こちら をご覧ください


【開催趣旨】

グーグルがマインドフルネスと題した研修プログラムを開発して話題となっています。
マインドフルネスは、複雑な経営環境の中でリーダーの意志決定やマネジメントが従来の戦略的、問題解決思考だけでは行いにくくなっていること。そして、新たなイノベーションを追求しようとする時に、なんらかのブレイクスルーが必要であるという問題意識からビジネスに取り入れられてきました。

マインドフルネスとは、もともとは仏教や禅の考え方が米国に取り入れられて発展したもので、座禅に代表されるような瞑想法によってあらゆる偏見や刷り込まれた価値観から自らを解放し、澄んだ視点で物事を見ることを目的とした活動です。

瞑想は、日本においては古くから宗教において日常生活に入り込んで行われてきました。仏壇で毎日お祈りをしたり、神社仏閣に行きお祈りをしたり... そのような古くからの行動様式、習慣がビジネスにも適応できる可能性があるということなのです。

本セミナーでは瞑想が何故、このような効果を持つかということを科学的な観点から解説し、更には実際にマインドフルネスを実践し、リーダとして日常的に実践するためのヒントを持ち帰って頂きます。

【日時】 2013年 5月18日 10:00 ~ 12:00


【場所】 balanced growth オフィス:
昭和通り沿い、銀座一局郵便局から京橋方面へ50メートル。
1Fに紳士服のお店(VESTA)があるビルです 地図



【講師】

小島美佳 佐甲真吾


【参加費用】
10,000円 (税込)
(これまで同様のプログラムへ参加された皆さんには割引料金でのご提供が可能です。お申込みの際にその旨記載くださいませ)


【お申込み方法】

<こちら> からどうぞ



皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

※ こちらのスクールは、2012年に行いました イノベーション・サイエンスシリーズ ~Season 1~ の 個別編として継続的に実施しております。初めての方も、瞑想を練習したい方も是非お気軽にお越しください!


前回実施分の詳細は <こちら> をどうぞ。




【コラム】 「マインドフルリーダー」を育てる



2012年 12月に行いました
イノベーション・サイエンスシリーズ ~Season 1 ~ で好評を博したジェレミー・ハンター先生の記事を訳しました。


☆ 「マインドフルリーダー」を育てる☆
ー適応に関する課題に立ち向かうスキルを養成するー

第1回 :<こちら> をご覧ください
第2回 :<こちら> をご覧ください
第3回 :<こちら> をご覧ください
第4回 :<こちら> をご覧ください
第5回 :<こちら> をご覧ください
(balancedgrowth ウェブサイトへのリンクです)


バランスト・グロースでは 定期的に マインドフルネスの実践レッスンを行っております。
日程は<イベントページ>で確認できます。


【略歴】

クレアモント大学院大学 
P.Fドラッカー経営大学院(ドラッカー・スクール)准教授

「Self Management」理論研究の第一人者 "人生の豊かさ(Wellbeing)"と"仕事における真の創造性とパフォーマンスの引き出し方"について研究。ミハイ・チクセンミハイ(世界的に著名な認知心理学者で「フロー」理論の提唱者)とともに、クレアモント大学院内にQuality Of Life Research Centerを設立。1999年より、ドラッカー・スクールのMBA 及びExecutive MBAプログラムにて"Self Management"及び"Executive Mind"の2講義を担当。同校の年間最優秀教官賞を両講座にて受賞。コンサルティング実績は、スターバックス、グーグル、米トヨタ自動車、ロサンゼルス警察など、企業、公的機関含め多数。ハーバード大学大学院(ケネディー・スクール)にて修士号、シカゴ大学大学院にて博士号を取得。