2013年8月22日木曜日

【番外編】 芦川村に行ってきました~



ワークショップを時々開催している芦川村へ、

8月21日に
バランストグロースのメンバーで 行ってきました!




田んぼでは、

藍染をやった8月3日に穂がついていましたが、
既に頭を垂れています



美しい夏の田んぼですね




芦川メンバーの笑顔@藤原邸 (古民家)

今回は小学生がお泊りだったようです





そして、


山梨はワインが有名ということで、
芦川村の前に 
勝沼にあるワイナリーへ行ってきました。







レストランで、
少々 リッチなランチがいただけます☆







ブドウは、美しく実っておりました!





山梨にきたら、

やっぱりお土産は 有名な一升瓶ワインですね






次回は、10月25日~26日に収穫した 
お米の脱穀を行います!

ご興味ある方は、是非いらしてください


過去の写真はこちらからご覧になれます





2013年8月15日木曜日

【スクール】「あなた自身を発見する」-『ビジネスモデルYOU』実践ミニワークショップ(8/22開催)

7月に開催し、ご好評をいただきました『ビジネスモデルYOU』実践ミニワークショップを8月22日(木)19:00 ~ 21:15 に再度、開催することになりました。

  ・「あなた自身を発見する」-『ビジネスモデルYOU』実践ミニワークショップ



 『ビジネスモデルYOU』は、自分のキャリアを見つめ直すツールだと考えられていますが、実際に本を読んでみるとわかるように、仕事にとどまらず、「自分と世界のつながり」を改めて見つめるための優れたツールです。

ただし、残念ながら『ビジネスモデルYOU』を読み、実際に自分で「パーソナル・キャンバス」を埋めるだけでは、その効果を十分に実感できないことがあります。

「なんとか埋めてみたけど、これでいいのか?」
「全部埋めたものの、これからどうすればいいの?」
「そもそも、うまく埋まらないんだけど…」

そんな「スッキリしない感じ」を感じているのはあなただけではありません。

そこで、『ビジネスモデルYOU』実践ミニワークショップでは、そのスッキリしない原因をはっきりさせ、 『ビジネスモデルYOU』の効果を十分に活かせるような使い方を、実際のワークを通してお伝えします。

ポイントは「パーソナル・キャンバス」を埋める前に行う「掘り下げ」の作業。

これをきっちりやることで、「パーソナル・キャンバス」が持つ本来の力を活かすことができます。

「パーソナル・キャンバス」を埋めてみたけど、スッキリしない方。
ビジネスモデルYOU』を読んだけど、なかなか実践に活かし切れないと感じている方。
ビジネスモデルYOU』を社員のキャリア開発に活用したいと考えている方。

8月22日(木)のセミナーで活用するためのきっかけを作ってみませんか?

※詳細、お申し込みはこちらから↓

  ・「あなた自身を発見する」-『ビジネスモデルYOU』実践ミニワークショップ

ビジネスモデルYOU
ティム・クラーク アレックス・オスターワルダー イヴ・ピニュール 神田 昌典
4798128147

2013年8月12日月曜日

Ashigawa ~ A small village near Mt.Fuji ~ The element "Air" - Report


The Five Elements "Air" Workshop:

   August 8th, Sat 13:00 ~ 9th Sun 12:00

    "Knowing the wind of indigo dyeing"


This time, we had indigo dye experience in Fujiwara-house, old folk house.

Kaori and Yasu went to mow the indigo leaves in morning.
Impressive it was to see the fresh indigo leaves, full of buckets, to change colors in each step.

Weather was perfect for indigo dyeing, sunny and breezy.

Next workshop will be in October. (details from here)
 ← linked to balanced growth HP


Photos from the workshop:



↑ At entrance hall in Green Lodge we stayed.
Unicorn beetle Yasu was taking care of.



↑ Rice we planted in May already has ears…



↑ Fresh indigo leaves to make dye from



↑ Tie cloths with elastics to make patterns...



↑ Children playing around in their own world


↑ Put the fresh indigo leaves in mixer...



↑ then strain the dye




Steep cloths in dye, then we let them blow in wind... repeatedly.


Gradually, dye would go deeper.

Depending on the materials, dye comes out so different.
Real indigo dye needs to be waited for months !



↑ Fujiwara-house, the place we had indigo dye






Dinner veggies are grown and harvested in this village☆




Bon appétit!




↑ Extra lesson: spoons and forks twisted and bent
with fire and earth energy...lol


↓ On next day, back in Fujiwara-house, grilling corns.
Corns were from the field next door!
(Kaori on work with grannies)






・・・


Thank you for great 2-days☆


translated by Rena Sofue

ガユーナ・セアロ 講話会 (9月25日 19:00~)



2013年9月、東京で、ガユーナ・セアロ師の講話会が開催されます。
また、個人面談もあります。ご興味のある方は、是非足を運んでみてください!


本名:ガユーナ サンディマ

得度以来、人々に心の平安・自立・調和を促しつつ、ミャンマー、カンボジア、スリランカの貧困層や孤児院等に対する布施(行)を休むことなく続けていらっしゃる、ミャンマー上座部仏教の日本人僧侶。求めに応じて日本、アメリカ、途上国を旅し続け、心悩める人々、意識向上を目指す人々に対して、自愛の実践と心の平安、人としての自立と生き方等を相手の問いに答える形で伝え、同時にこうした相談者からの御布施をアジア途上国の孤児院、学校、村等へ必要物品に換えて直接施すことを続けていらっしゃいます。

 自己の内的成長の表現や実践を望んで奉仕参加する人が急増したため、2003年、国際協力のNPO法人CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンが設立されました。セアロに関わり、その生き方や布施行の姿勢に啓発された人々により、日本・アメリカ・アジア数ヶ国でNGO/NPOが独自に設立されており、社会貢献に取り組む企業や個人レベルの活動等を含め、個性豊かな自立と協働、奉仕活動の輪が全国、世界に広がりつつあります。

(以上は、http://shientokyo.holy.jp/1309event/index.html からの抜粋です。詳細は、こちらのページでご確認ください)



2013年8月11日日曜日

【女性のためのイベント】 陰陽五行で宇宙から美のパワーをもらう


4月に実施した 陰陽五行に関するセミナーを より受講しやすく致しました。
その時の記事の前半を <こちら> にまとめておりますのでよろしければご覧ください


今回は女性向けの 第2回となります。


【開催趣旨】

肉体、心 が共に 美しくなることは女性にとってはとても大切なことだと思います。自分らしく、美しくあることは どんな女性でも、関心あることなのではないでしょうか。

今回は マッサージ師でもあり、セラピストでもある 金子昭子先生をお招きして 女性が 夏に向けて意識すると良いポイントをお伝えし、さらには 特殊な機械をつかって皆さんの現在の身体の状態をチェックして具体的なアドバイスも差し上げます。


陰陽五行は、宇宙の法則をもとにした東洋の考え方で、私たちの身体も五行の法則に従って動いています。よろしければ、ご自身の基礎的な美の基盤づくりにお役立て下さい。




【当日に行うこと】

☆ 陰陽五行に関する簡単なレクチャー
☆ 女性が美しくあるために意識すると良いこと (秋に向けて…)
☆ ひとりひとりへのアドバイス



【講師から一言】

10年後、20年後も…【若く美しく】いたいですよね。私もそうです。
健康であれば自然と美しさは付いてきます。

ボディケアに携わり14年たちます。一般的なサロンでの経験、自宅開業、ヒーリングスクールのインストラクターとして多くの卒業生を送り出しました。

生徒さんへの指導をしながら、この時のやり方に疑問を持つようになりました。
そんな時、縁あって今の師匠の下で指導を受ける事になり、東洋医学の陰陽五行説の考えを基に、食の大切さ、季節の過ごし方、心頭体のバランスなど・・・全体のバランスをみて施術をする事の大切さを教えていただきました。

そこで、自分自身が健康でなければ、これをお客様に伝えることはできないと思い実践し30代後半に体質改善をはじめました。その結果、ホルモンバランスが整い女性特有のトラブルが徐々に改善され、明らかに30代の時より40代の今の方が心身共にいい感じです。

自分の意識次第でいつでも変わる事が出来ます。
このセミナー参加をきっかけに、10年後、20年後・・・の事を意識してもらえたら嬉しいです。


【日時】 2013年 9月24日 19:30 ~ 22:00


【場所】 balanced growth オフィス:
昭和通り沿い、銀座一局郵便局から京橋方面へ50メートル。
1Fに紳士服のお店(VESTA)があるビルです 地図


【参加費用】 5,000円 (税込) 
(当日お持ちください。代金には お弁当、および 金子先生がつくるお味噌汁もついています)


【定員】 5名 
ひとり1人丁寧にアドバイスをする関係上、人数は限定させていただきます。

【お申込み方法】

「陰陽五行セミナー 参加希望」とタイトルに御下記の上
① お名前 (漢字)
② お名前 (ふりがな)
③ メールアドレス

を記載し event@balancedgrowth.co.jp までお送りくださいませ








2013年8月10日土曜日

Dialogue “Innovative Thinking through Embodied Intelligence” - Report


On July 31st, we welcomed our special guest, Prof. Rolf Pfeifer, University of Zurich, and had the dialogue on embodied intelligence and future of organization design.



Dr. Pfeifer is the director of Artificial Intelligence Laboratory in University of Zurich, authority in computer science.
His research topic varies very broad – this dialogue was inspired from his book about embodied cognitive science ”How the Body Shapes the Way We Think” which have a chapter “Building Intelligent Companies”.


“Trend in Robotics, Embodied Cognitive Science and its Application to Management Science”



★  Robot is now required to correspond to “soft” environment – the real world.  Compared to the artificial predictable environment, real world is the environment with low predictability and uncertainty.  Reacting to changing environment, balanced and natural movement/locomotion is required.

★  Differences in shapes and materials of robot’s body parts can bring totally different movements even with same programs.  Human memory for walking is distributed throughout human body: muscles, bones, tendons and joints, not only in a brain.
★  To realize natural and well-balanced movement in robot, movement needs to be distributed among brain (control), body (shapes and materials), and interaction to environment.  Not only actively control with brain, exploitation of the passive dynamics of body is crucial.
★  As characteristic traits of body, shapes and materials would be dedicated to one task/movement, thus constraints of less flexibility/variability to other movements exist.  However, not controlling everything by brain, task can be achieved through physical dynamics of body.

★  Re-think of “control” is very important.  Not to control by brain, but to leave it to body movements, and also body development would be important to be entrusted.



New humanoid “Roboy” project, published in March 2013, was introduced too. Roboy was 
targeted to be a partner for daily life, who can go for a walk with elderly people.  His 
face is very expressive, can brush when he is kissed!

http://www.roboy.org


So many and so different robots - Dr. Pfeifer presentation was fascinating!  Thinking of intelligence and control from the difference in robots, embodied intelligence story was very much stimulating.



Then we had discussion in World Café style.  This time we had variety of people, 
age, nationalities, and jobs.  HR consultant, car designer, training facilitator… 
Various experience and knowledge brought the interesting discussion. 





For the topic “how to create innovations through embodied intelligence?”, we had 
good lessons from Dr. Pfeifer, introduced below.

☆  Innovative idea will be born in “Serendipity”.  Unintentionally, you can find great ideas almost accidentally.  It is not the methodology to bring innovative ideas but the environment to promote finding that lucky encounter is very important.

☆  “Yes, AND” rule can promote creative ideas.  We often say ”Yes, BUT” to identify missing points from realistic view, but ideas will be in realistic view anyway in process, so to enhance our creativity, “Yes, AND” rule is important.



Started from science topic of embodied cognitive science, but topic was broad to 
touch organization designs such as decision making and delegation, management 
span, also includes work environment ideas to enhance creativity…dialogue was full of 
inspirations and indications.


Thank you very much Dr. Pfeifer, and also thank you all participants! 



FYI: Roboy is on youtube!