2013年9月24日火曜日

Overwhelming Power of Real Hospitality - Report -

- Learning from the Hospitality Service bewitched the World-famous VIPs


September 19th, we held the seminar to think about the true nature of hospitality.

Mr. Oguma, who have watched, heard and experienced the world's famous hospitality to seek for the best, revealed the key factors in the great hospitality to think what is the real hospitality, and the hospitality out of the service industry.


Omotenashi, is the one of the great strengths of Japan, as recently introduced in the presentation for hosting Olympic game 2020.

But it seems the world's idea of hospitality might be slightly different from omotenashi.
In business, not only building your capabilities but also obtaining the trust from others is the key to success.  Hospitality is a very important concept to do business overall;  it is about how to obtain the trust from various people.

☆ Key Factors in Successful Hospitality Team
Team building for good atmosphere is one of the key factors.
For example, an outstanding team in the airline company, chief purser was good at making the members laugh - in a meeting before their flight.  All members are relaxed, nice atmosphere.  Employee satisfaction is very important to achieve a good quality service.


And another factor is the "ultimate master", who knows the art of great hospitality to bring outcome.


There our special guest appears - the "legendary Tuck", Mr. Suzuki !

Mr. Suzuki started working in Ritz Carlton after they opened in Japan, shifted from Hotel Okura.
He was a serviceman for super VIP offering chauffeur and attendant service.
His remarkable service really embodied the hospitality, resulting many appoints from  famous VIPs.

★ Employees First
Mr. Suzuki was surprised on the first day at the Ritz Carlton - right after he entered, the laundry serviceman greeted him saying, "Hello Mr. Suzuki, we've been waiting for you".  Ritz Carlton hires only the people who likes to please the other people.  Not only the guests, but seriously for the employees too!
When employees are feeling good, they can offer good service.

★ "3 Secrets to Bewitch the Customers in a Second"
The secrets were first learned in Harvard Business School and built through Mr. Suzuki's experience and trial.  
The secrets are the way to think "the person is... " to change your behavior. How you think of that person drives the way you behave, it will appear in your eyes even.  It is not the magic so practice is required but very interesting to try!

★ Being Attentive vs. Thoughtful
3 secrets cannot be magical if you miss thoughtfulness.  Mr. Suzuki introduced the episode to think of the difference between being attentive and thoughtful.

On a winter day, family went out for dinner and the dog Snoopy was waiting in the snowy garden.  Young sister Sally Brown said she was sorry for Snoopy being in this cold outside.  But brother Charlie Brown secretly brought a piece of his beef steak from the restaurant for Snoopy.
Sally is very attentive but Charlie's behavior was very thoughtful - he was thinking of Snoopy during his dinner and actually took action for Snoopy.
(by Shuntaro Tanigawa, poet, translating Peanuts comic books for years)


Mr. Oguma and Mr. Suzuki were like the treasure box full of interesting episodes.

Please join the next seminar to hear the fun stories!







2013年9月22日日曜日

本当の圧倒的ホスピタリティサービス 〜ご報告〜

〜世界の超VIPを虜にしたホスピタリティから学ぶ


9月19日、ホスピタリティの本質を考えるセミナーを開催しました。

世界中のホスピタリティを見て聞いて体験してきた中で出会った圧倒的なホスピタリティサービスを通じて、ホスピタリティの本質とは、そしてお客様のサービス以外で考えるホスピタリティを考える機会となりました。



オリンピック招致のプレゼンテーションの中でも触れられたように、“おもてなし”は日本の強みの1つです。

でも海外で考えられるホスピタリティと、“おもてなし”はイメージが少し違うようです。
ビジネスとして成果を出すためには、自身の能力開発だけでなく、いろいろな人に協力してもらうことが必要です。相手の信頼を勝ち得るため、ホスピタリティはビジネスにも重要な考え方なのです。
ホスピタリティを重視して成果を出した、世界・日本のリーダーはどんな人か、みんなで考えました。


☆最高のホスピタリティチームに必ずあるもの
雰囲気のいいチーム作りがあるそうです。
ある航空会社の評判のいいチームでは、チーフパーサーはみんなを笑わせるのがとても上手だったそうです。メンバーがリラックスして雰囲気がよい。サービスの向上には従業員満足度が重要なのですね。


必ずあるもの、もう1つは「究極の達人」だそうです。
ホスピタリティを通じてアウトプットを出す、スゴ技の人たち。


そこでスペシャルゲスト、“伝説のTack” 鈴木隆夫さん が登場!

鈴木さんはホテルオークラから、開業後のリッツカールトンへ。
VIPの送迎やアテンドを担当するサービスマンとして、
名だたるVIPからご指名を受けるなど超ホスピタリティを体現されている方です。

★従業員第一主義
勤務初日、初対面のクリーニング業者の方に「鈴木さんお待ちしてましたよ」と声をかけられたそうです。リッツカールトンでは他の人を喜ばせるのが好きな人しか採用しない。お客様だけでなく、従業員同士で喜ばせることもみんな真剣!
従業員が気持ちよくいられるから、よいサービスができるのですね。

★『お客様を一瞬で虜にする3つのコツ』
ハーバードビジネススクールで学び、鈴木さんの経験と工夫による3つのコツ。
「相手は○○な人」と思う3つの考え方で自分の行動を変えていくというもの。
自分が相手をどう考えているか、それは目つきにも現れる。
すぐには慣れないので、練習して体得する必要があるのですが、ぜひ試したいですね。

★気配りでなく、心配り

3つのコツだけではなく心配りが大切とのことで、エピソードをご紹介いただきました。

冬、家族で外食に出かけた一家と、雪の庭で待つ犬スヌーピー。妹サリーは雪の中のスヌーピーをみてかわいそう、と話します。でも兄チャーリーブラウンは、こっそり食事から持ち帰ったステーキのかけらをスヌーピーにあげました。
サリーは気配りのできる子ですが、食事のときにも寒い中に待つスヌーピーのことを考えたチャーリーの行動は心配り、なのです。
(谷川俊太郎さんのお話、スヌーピーの漫画から)





小熊さんも鈴木さんも、エピソード満載のお話で楽しい勉強になりました。

今回参加されていない方、ぜひ次の回で面白いエピソードを聞いてくださいね☆




2013年9月10日火曜日

【スクール】10月の「マインドフルネス」瞑想レッスン ~ 集中力を最大限に高めよう ~


好評のマインドフルネス関連セミナーのご案内です。
(最新の日程はこちらをご覧ください)


※ はじめての方でも 瞑想に入りやすいように誘導させていただきます。会社帰りに疲れた脳をリセットできる場です☆ お気軽にご参加ください。


【開催趣旨】
グーグルがマインドフルネスと題した研修プログラムを開発して話題となっています。
マインドフルネスは、複雑な経営環境の中でリーダーの意志決定やマネジメントが従来の戦略的、問題解決思考だけでは行いにくくなっていること。そして、新たなイノベーションを追求しようとする時に、なんらかのブレイクスルーが必要であるという問題意識からビジネスに取り入れられてきました。

マインドフルネスとは、もともとは仏教や禅の考え方が米国に取り入れられて発展したもので、座禅に代表されるような瞑想法によってあらゆる偏見や刷り込まれた価値観から自らを解放し、澄んだ視点で物事を見ることを目的とした活動です。

瞑想は、日本においては古くから宗教において日常生活に入り込んで行われてきました。仏壇で毎日お祈りをしたり、神社仏閣に行きお祈りをしたり... そのような古くからの行動様式、習慣がビジネスにも適応できる可能性があるということなのです。

本セミナーでは いざとなると実践が難しいと皆さんからお声をいただく瞑想を体験し、実際にご自身のマインドが静かになり 日常の雑音から離れる感覚を得ていただくためのものです。


【日時】 2013年 10月7日(月) 19:30 ~ 21:00
      
     10月のテーマ: 集中力を最大限に高めよう

【場所】 balanced growth オフィス:
昭和通り沿い、銀座一局郵便局から京橋方面へ50メートル。
1Fに紳士服のお店(VESTA)があるビルです 地図


【講師】 小島美佳


【参加費用】 3,000円 (税込) (当日お持ちください)


【お申込み方法】

「マインドフルネス実践会 参加希望」とタイトルに御下記の上
① お名前 (漢字)
② お名前 (ふりがな)
③ メールアドレス

を記載し event@balancedgrowth.co.jp までお送りくださいませ


皆さまにお会いできることを楽しみにしております。







2013年9月4日水曜日

Ashigawa ~ A small village near Mt.Fuji ~ The element "FIRE"

The Five Elements: Element "FIRE" Workshop
October 26th 13:00 ~ 27th 12:00 

"Celebrate the Harvest by the Fire" 


The "Fire" element's positive aspect indicates the creativity, force to start and to carry through.  Dr. Arnold Mindell says there are 6 channels in how we recognize things; language, vision, body sense, movement, relations and the world.  Not only in the business world, most of the people hardly use the channels other than "language",  but product strategy requires to use many other channels to inspire the creativity.

This time, our program aims to enhance your own creative flame by using many channels other than language.  Saturday afternoon will be led by Kaori Noda, farmer and artist in Ashigawa through dialogue with nature, and we will be threshing the rice, dried and bunched after cropped.  In other years the rice cropping used to take place in this season's workshops, but this Summer was furious and promoted the rice to grow so fast and it needs to be cropped in early October.  Threshing is also the first experience for us.  For the evening we plan to have the work around the campfire, in theme of "Fire".  Sunday will be the opportunity to explore the internal flame within ourselves, opening and building the vision for the next year through dialogue.

* For English speakers, we will have English-speaking staff taking care of you.




Agenda
- Farming experience: Threshing and closing the field for next season
- Work around the fire: flame and rhythm to enhance the wisdom of the fire
- Fireworks (optional)
- Fire is the end of the beginning: Visioning work to look back this year and to step forward


[Fee]
21,000yen 
Includes workshop, accommodation, dinner and breakfast (we will cook together), materials.  Transportation not included. For family members not attending workshop, 10,000yen for stay and meals. (students 6,000yen, child<6 free)

[For Details]
Please contact event@balancedgrowth.co.jp or any people you know and speak English at BG!!